2012年07月08日

藤井猛著「四間飛車の急所」全4巻について

現在、開催中の天下一将棋会2「第2回棋帝戦」は結局2勝どまりのため、決勝は厳しそうです。

で、今のところC級1組で2勝0敗で、念願のB級昇級を目指すべく棋帝戦を諦めて力をためているところです。。。

さらに今週7/10(火)、11(水)は第53期王位戦に我らが藤井猛九段が登場します。

王位戦番勝負出場を記念して、さらに王位奪還を期待して、藤井先生著の「四間飛車の急所」を全4巻を購入しました。

s-IMG_2477.jpg

s-IMG_2479.jpg

s-IMG_2480.jpg

s-IMG_2481.jpg

s-IMG_2483.jpg

さくっと読んだ感じでは、以前購入した「四間飛車を指しこなす本」のように表が問題、裏が回答のような形式ではなく、本当に定跡本という記載です。

よって私にはちょっとだけレベルが高く、読むのが大変です。。。

でも、2,3巻の急戦大全は低級でも遭遇率の高い居飛車急戦についての定跡ががっちりまとめられており、この内容を理解できればさらに上級に行くことができると信じています。

各巻をしっかり読み込んで、内容を理解できたときに各巻の紹介ができればなぁと思います。

※独り言
将棋倶楽部24で13級の壁をなかなか破れない。。R340台で5回くらい跳ね飛ばされている。

こちらも最高Rを更新できるように集中して頑張らないと。。。




それでは。

●ブログランキング参加中●
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ人気ブログランキングへ

posted by トルネードボーイ at 16:36 | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。