2011年11月20日

羽生善治大逆転将棋(2010年度NHK杯 羽生vs佐藤康光 解説:加藤一二三)

羽生善治二冠の大逆転の対局はいくつもありますが、本日はNHK杯での佐藤康光九段との対局を紹介します。

解説者は対中川戦の解説者でもあった加藤一二三九段です。

以前はYoutubeに縮尺版があったのですが、残念ながら消されているようなので、Youkuにあったフルバージョンの動画を紹介します。

第60回NHK杯テレビ将棋トーナメント 準々決勝第3局
先手:羽生善治 NHK杯選手権者 後手:佐藤康光 九段




9六金が玉を上部に逃がすための妙手となりました。

74:50あたりの佐藤九段の表情が物語っている一手となりました。

指せると思っていた将棋がこういう一手で覆るのは相手としてはとても厳しいでしょう。。

加藤先生の「ひぇ〜〜〜」ももちろんありましたw


(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

対局の棋譜です。みごとな対局でした!

で、本日のNHK杯も戸辺六段に勝ち、NHK杯4連覇に向けて好スタートとなりました。

それでは。

●ブログランキング参加中●
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ人気ブログランキングへ

posted by トルネードボーイ at 18:29 | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。