2011年11月10日

右四間飛車対策

本日は、右四間飛車の対策について書きます。

とは言っても他サイトの紹介になりますが。

私はほぼ9割5分はノーマル四間飛車を採用します(相手が振り飛車のときのみ居飛車を指すことがある)。

で、天下一将棋会にしても、将棋倶楽部24にしても低級では必ず出てくるのが"右四間飛車"です。

私も最初に遭遇したときはなすすべなくやられました。。。

で、四間飛車でも右四間飛車に対抗できないかと探していたときに出会ったのが以下のサイトです(サイト主様、大変感謝します!)。

@対右四間飛車 基本編
http://shogi-naka.com/migisiken_kihon.html

A対右四間飛車 + 穴熊(▲7八金型)編
http://shogi-naka.com/migisiken_ana_78kin.html

B対右四間飛車 + 穴熊(▲6八金型)編
http://shogi-naka.com/migisiken_ana_68kin.html

C対右四間飛車 + ▲17桂馬編
http://shogi-naka.com/migisiken_17kei.html

私がよく遭遇するのは、@Cの形です。

まずは@を覚えておけば、低級で右四間覚えたての相手には十分指せます。

Cについては、3五歩のタイミングを誤ると一気につぶれるので気をつける必要があります。

で、この勉強をしてからは右四間飛車に対しては高勝率になりました。むしろ右四間できたら勝ちを拾った!くらいの気持ちになりますw

でも、ひとつ右四間での負け将棋で、相手が右四間を組んだにもかかわらず、歩をついてこずに囲いを優先したことがありました。そして、相手は端に飛車を振って、端攻めを試みて私がつぶされたこともあります。

基本的に右四間に対する駒組みをした場合、相手が攻めてこないとこちらから攻めづらいような気がします。しかも囲いが弱く、端の弱さが際立つのが弱点ではないかと感じています。

このような状態になったときにどうするかは私自身の今後の課題であります。

それでは。

●ブログランキング参加中●
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ人気ブログランキングへ

posted by トルネードボーイ at 22:14 | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。