2011年10月07日

天下一将棋会2 全国順位戦(10/07 3局)

本日は天下一将棋会2を3局指してきました。

目標はC級1組維持で、なんとか2勝したいと思って頑張りました。


●第1局目
・対戦相手:2段
・結果:負け
・手番:先手
・手数:102手
・戦型:▲居飛車穴熊vs△三間飛車穴熊


s-WS000000.jpg

(私にとって)強ゲストとの対局となりました。

石田流三間飛車(早ではない)ということで、迷わず居飛車穴熊へ。

お互いけん制なしで穴熊に組み、ほぼ同時に組みあがっての決戦となりましたが、いかんせん相手の石田流本組みを攻めあぐねてしまい、劣勢に。

最後は受けまくっていたのですが、駒をどんどんはがされ、なおかつ自分からは全く攻められない(底歩のせいで、歩が使えない。。)状態で、最後は勝勢マーク出現で、受け無しと判断し、投了しました。

C級1組になるとゲストはあまり出現しないのですが、久々の強ゲストで苦しい将棋となりました。


●第2局目
・対戦相手:7段
・結果:負け
・手番:後手
・手数:125手
・戦型:▲棒銀vs△四間飛車


s-WS000001.jpg

相手は居飛車で私は振り飛車でした。で、相手は棒銀で攻める展開となりました。

藤井猛先生著の「四間飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋塾)」が役に立つ展開になるかと思いきや、やはり相手は強くて本のとおりの展開とはなりませんでした。

で結局、力戦将棋となりましたが、相手の攻めが早く、こちらの攻めが空振り。

投了図からわかるように、私はただ王手攻めをしただけとなりました。

反省点の多い将棋となりました。。。


●第3局目
・対戦相手:6段
・結果:勝ち
・手番:後手
・手数:138手
・戦型:▲棒銀vs△四間飛車


s-WS000002.jpg

この将棋も相手の棒銀を受ける展開となりました。

前戦との違いは、相手が中盤で角を切ったことろです。

ここで私の駒得となり、若干優勢となりました。

ただ、相手は受けがものすごくてどんなに攻めても強い受けをしてきました。

ただ、私も攻める中で、受けつつ相手の駒得を防ぎ、お互い大熱戦となった気がします。

終盤で私が角をただでとられて若干厳しくなりしたが、最後は相手のミス?にて詰みに持っていくことができました。

お互い6段で(ただ相手の勝率は6割近くあった)、棋力が近かったので、熱戦となったのだと思います。

そういえばネットのどこかで、「将棋に勝つにはどうすればいいか?」との問いに「中盤で駒損しないこと」と書いているのを読みました。

この将棋はまさにその言葉通りとなった気がします。

そして、トータルの対戦成績は、


・登録名:たいふう
・日付 :2011/10/07
・順位戦:C級1組
・勝敗 :38勝56敗(.400)
・段位 :6段


s-006.jpg

とりあえず4割、6段は死守です。。。

現在、6局中、2勝2敗のため、最終戦で勝てば残留orB級2組昇級の可能性があり、6局目は是が非でも勝ちたいと思います。

明日は自転車の日なので、午後以降に天下一将棋会2を、最低2局は指すつもりです。

それでは。

●ブログランキング参加中●
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ人気ブログランキングへ

posted by トルネードボーイ at 22:36 | TrackBack(0) | 天下一将棋会2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。